CATIA_Hybrid Design

部署移動前、会社でCATIA研修を受けていた。
3年、4年前大学生時からはじめたかな?

とにかく
形状を作成中いつも習慣通りSolid形状を作ってPart Bodyに全部追加して置いた。

担当者
“あ。。あら? Part Bodyに追加したよね、Bodyに追加する指示はないですよ”


“指示なくてもも出せばいいですよね” (Part Bodyから抜き取りながら)
“あ。。。Hybrid Designですか”

担当者
“Hybrid Design? Pard Bodyは時系列を持っているから修正ができないですよ。”

なのでCATIAマニュアルもHybrid Designに関しては

you may prefer to work in a traditional environment
既存の環境で作業する方がもっと良い場合もあると案内している。

http://catiadoc.free.fr/online/cfyugprt_C2/cfyugprthybrid_design02.htm

今はこんな機能がなぜ。。。?と言えるかもしらないんですがHybrid Designオプションができて設計現場から大話題がなったことがあった。

基本的にモデリング形状に合わせて作業するがHybird DesignはBodyとGeometrical Setを混用とともにモデリングを時系列を持ってしまい例えば10段階前の作業したのを修正の為には10段階を戻らないと修正ができなく時間ロスが発生しまうし、拡張性あるモデリングためには特別に理由がないとHybrid Designオプションは使わない方がいい。

設定方法

オプション変更によるBody色変更

Hybrid Design Opton : On
作成

Hybrid Design Opton : On → Off

Hybrid Design Opton : Off
作成

Hybrid Design Opton : Off → On

Hybrid Optionの設定設定による作られたBodyは属性がきめられるからBodyの属性とHybrid Option環境が異なる場合は色がグレーや黄色に変わるので注意が必要。
異なる環境から作られたBodyは存在はできても作業に制約がある。

Published by

TEO

-Language KOR, JPN, ENG . -Major Mechanics, C++ . -Camera A6000, SM-950N

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s